ダンスとスケルトンは世界の共通言語



宿屋黒檀のフラスコ(the Ebony Flask Inn)地下

先日珍しくエボンハート宿屋の地下に足を運んでみたところ、

何やら不穏な雰囲気の現場に出くわしてしまいました。

 

Llunela “Don't spare any concern for this one. He's misbehaved terribly.”

とりあえず女性の方に話しかけてみたところ、どうも男性の方がひどいオイタをしたため

このようなことになっているから、「こいつに構うんじゃねえ」との主張のようです。

 

Renam Thervayn “I have nothing to say to you. Begone!”

そうは言われても、若干男性が気の毒になり、

今度は男性の方に話しかけてみたところ、「失せろ!」と一蹴。

というわけで、言われるがままそそくさと宿屋の外に撤収したのでありました。

 

あ~、怖かった。

一体なんだったんでしょう・・・^^;

 

骸骨とダンス

傷心のままエボンハートの街をふらついていたところ、

染色台の近くで一人で酩酊したり踊ったりしている、ファンキー・スケルトンを発見。

便乗していっしょにダンスをしてみました。

 

幽体離脱スケルトン

そうこうしているうちに、スケルトンさんが突然「死亡」。

その後は自分もスケルトン姿に戻って(?)、お決まりの「幽体離脱」となりました。

 

そんな感じで、短い時間ではありましたが、宿屋地下での恐怖体験を忘れさせてくれる

楽しい体験をくださったスケルトン同志さんに感謝!

本当に、ダンスとスケルトンは、世界の共通言語ですね。

ダンスとスケルトン好きに悪い人はいません!(たぶん。)

 

・・・とか言いつつ、実は相手の人も日本人だったりして^^;

真相は闇の中です。

 

<後日追記>

2018年2月のゲームアップデートに伴い、染色台(Dye Stations)は

服飾台(Outfit Stations)に名称変更され、「リスタイル」の新機能を使用できるようになりました。