インペリアルシティ恐怖体験



オルシニウムの面白さに味をしめて、他のDLCについても体験してみることに。

2個目のDLCはなんとインペリアルシティを選択。

 

こちらに伴い事前に一番懸念していていたのが、

「インペリアルシティにたどり着く前に敵プレイヤーに倒されて、

そもそもコンテンツを体験することすらできないのでは・・・^^;」ということでした。

 

そこで自分は姑息にも「日本時間の夜(人が少ない時間)に

Blackwater Blade(レベル50未満専用シロディール)で

インペリアルシティに行くことを目指す」という手段を選択。

 

以前初めてシロディールに行った時が日本時間の夜で、上記初心者専用エリアだったのですが、

その際に人っ子一人いなかったということを、しっかり覚えていたのです。

仮に敵さんに出くわしたとしても、ふだんコソコソとお邪魔している

Trueflame(レベル10以上なら強い人とか誰でも入れるゾーン)よりは

生存確率を上げることができるであろうという寸法です。

 

Cyrodiilのマップ中央にImperial Cityがある

そんなわけで、さっそく初心者専用シロディールに入場。

1の本拠地から適当な砦にワープの上、2のインペリアルシティのほうへ移動していきます。

もくろみ通り、道中敵プレイヤーには誰一人遭遇せず、一安心。

 

インペリアルシティの入り口は化け物が通せんぼ

しかし、インペリアルシティに入るための橋が、変な化け物に通せんぼされていて、中に入れないみたいです。

 

Imperial Sewersに潜入

少し離れた場所に帝国下水道の入り口があったので、そこから下水道に潜入。

 

帝国下水道に入ったところ

下水道に入ったところ。そういえば、下水道入口のスクショを撮り忘れましたね。

いったん、外に出て、スクショを撮っておきましょう。

 

本拠地

・・・

 

へ、ここって??

 

・・・

 

うわああ、やっちまったーーー!!!!

 

どうも、帝国下水道の出口から外に出ると、勝手にシロディールの

本拠地(さっきのマップで1のところ)に転送される仕様だったようです。

 

そんなわけで、もう一度遠路はるばる本拠地から帝国下水道入口まで

馬を走らせるはめになりました。

 

今回はほぼ前置きのみになってしまいましたが、次の記事に続きます。

 

————————————————————————————-

<後日追記>

※2017年5月に実施されたアップデートに伴い、シロディールのキャンペーンBlackwater Bladeは閉鎖されました。

現状(2017/5/24時点)では、新キャンペーンKyneが旧Blackwater Bladeに相当する内容になっています。

 

※2017年5月に実施されたアップデートに伴い、シロディールのキャンペーンTrueflameは閉鎖されました。

現状(2017/5/24時点)では、新キャンペーンVivecが旧Trueflameに相当する内容になっています。

————————————————————————————-