偵察ミッションで「ペリナルの年央恩恵箱」をのんびり収集part2



前回の記事の続きです。

 

Scouting Mission Boardでクエスト完了報告

猛り狂う敵対NPCから命からがら逃げだし、

無事ラクダさんで自拠点のミッションボードまでたどり着きました。

ミッション完了を報告して、無事報酬ゲット。

「ペリナルの年央恩恵箱」もちゃんともらえました。

 

Cyrodiilの滝

その後何度か偵察ミッションを受託しましたが、先ほどのミッションと違って

偵察場所が近場ばかりだったので、楽々対応完了。

偵察ついでに滝の上から下を見下ろしてみたり。。

 

Cyrodiilの吊り橋

偵察の帰り道にいきなりおんぼろのつり橋を渡らされて、びっくりしたり。。

 

こうしてみると、あらためてシロディールのエリアも本当によく作りこまれてますよね。

仮にゲーム内のエリアがシロディールしか存在しなかったとしても、

十分ゲームとしては成立するんではないかと思ってしまいます。

しかし実際はシロディール以外にもたくさんエリアはありますし、

しかも遊べるエリアもどんどん増えてますから。。

ESO、一生かかっても遊びきれる気がしないです。

 

Cyrodiilの夕日

ゲーム内で日が暮れてきたので、今回のプレイはそろそろおひらきにすることに。

 

ここで、今回入手した「ペリナルの年央恩恵箱」(合計5個)の中身をメモしておきたいと思います。

 

【1個目:イベント導入時にもらったやつ】

※Tel Var Stones → 35個

※Siege Repair Kit → 1個

※Dragon Scute → 1個

 

Tel Var Stones・・・。インペリアルシティでの恐怖の記憶がよみがえりますね。

Siege Repair Kitというのは、攻城兵器のHPを回復できるアイテムみたいです。

Dragon Scuteは、なんかのクラフト材料になる模様。

ぶっちゃけ、どのアイテムも今のところあまり自分には関係なさそうですね。

 

【2個目:偵察ミッション“Scout Castle Black Boot”完了で入手】

※Tel Var Stones → 35個

※Soul Gem → 3個

※Dragon Scute → 1個

 

お、Soul Gemとは。ようやく個人的に実用的なアイテムが登場してきました。

あとは、かわりばえのしないテルバー・ストーン とDragon Scute。

 

【3個目:偵察ミッション“Scout Chalman Keep”完了で入手】

※Tel Var Stones → 50個

※Soul Gem → 3個

※Pact Cold Fire Trebuchet → 1個

 

Pelinal's Midyear Boon Boxからトレビュシェット入手

Pact Cold Fire Trebuchet。

なんかよさそうなのゲットしました。

攻城兵器ってよくわからなくて、使ったことが無いんですが。。

せっかくなので、こんどチャンスがあったら使ってみたいと思います。

 

【4個目:偵察ミッション“Scout Drakelowe Mine”完了で入手】

※Tel Var Stones → 55個

※Siege Repair Kit → 1個

※Dragon Scute → 1個

 

【5個目:偵察ミッション“Scout Drakelowe Mine”完了で入手】

※Tel Var Stones → 55個

※Keep Wall Masonry Repair Kit → 1個

※The Song of Pelinal, Volume 3 → 1個

 

Midyear Mayhem PvP event(年央の騒乱PvPイベント)でペリナルのハウジングアイテムの本入手

The Song of Pelinal, Volume 3。

名前が紫で表示されてるってことは、けっこういいアイテムなんでしょうか。

どうやら家具扱いのようなので、さっそく我が家(といったら聞こえがいいですが

実態は宿屋監禁部屋)に飾ってみましょう。

 

ペリナルのハウジングアイテムの本

我が家の家具プレビュー画面で、The Song of Pelinal, Volume 3を観察。

ふうむ、なかなかアンティークですね。

 

ペリナルのハウジングアイテムの本を家に設置

我が家に本棚とか机とかそんなものは無いので、とりあえず椅子の横の床に設置。

暗くてよく見えんな。。

 

ペリナルのハウジングアイテムの本を読んでみた

もしかするとスキルのレベルアップとかあるかもと思い、

設置した本を読んでみましたが、特に何も起こりませんでした。

 

まあ、殺風景な部屋にインテリアが増えるのは良い事ですね。

殺風景以前に狭すぎではないか?という根本的な課題はありますが。

 

こんな感じで、引き続きちまちまと「ペリナルの年央恩恵箱」を収集していきたいと思います。