木枠箱配布を機に、またESOにINするようになりました。



最近すこしESOから離れ気味だったのですが、木枠箱配布目当てで先日久々にログインしたところ、

やっぱりESOは楽しいぞー!となって、またちょこちょことINするようになりました。

世界観が細かいところまで作りこまれているから、ただゲームの世界を歩き回っているだけでも、

充実した時間を過ごせてしまうのですよね。

 

main quest

それで、何をしていたかというと、メインクエストを進めたり・・・。

 

Reaper's March

リーパーズ・マーチFardir’s FollySoulshineセット(魂の輝きセット)を収集したり・・・。

 

シロディールで城壁修理

シロディールで遊んだりしました。

 

カタパルトに初挑戦

シロディールでは、最初は黙々と城壁修理ばかりしていたものの、

せっかくなのでと初めての攻城兵器に挑戦!

普通に戦うのでは絶対に与えられないようなダメージを与えられたりして、

なかなかおもしろかったです。

まだ兵器の種類とか効果的な使い方とかがよくわからないので、

これから少しずつ覚えていきたいですね。

 

dragon knightのhealerデビュー

あと、シロディールで戦うときは、昔は集団の後ろの方で延々とvigor(活力)を繰り返したりしていたのですが、

それだけではあきたらず、ついに回復杖のトレーニングをしてヒーラーもどきを始めました。

やっぱり自分の性格上、自ら前線に立って戦うというよりも、

他の方をサポートしたり回復したりする方が楽しいんですよね。

 

現在遊んでいるクラスはDKであり、

客観的に見てDKのヒーラーというのが合理的な組み合わせなのかは正直不明です。

しかし自分はゲームの進みが非常に遅く、今からテンプラーとかでキャラを作り直しても

レベル50を超えるまでおそらくまた1年以上かかってしまい、

その間にゲームへのモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

 

また、なんとなくDKというクラスに親近感を覚えてしまっており、

今後テンプラーとか他のクラスで遊ぶことを想像すると、なんだか違和感を感じるというか、

今いちプレイ意欲が湧く気がしないのです。

 

というわけで、なんとかDKでヒーラーができないか、ちょっと試行錯誤してみようかと思っています^^;

ソロで遊ぶときは普通に破壊杖で攻撃などもこなしつつ、シロディールで遊ぶときは回復杖に持ち替えて

ヒーラーができるような感じが理想です。。