とかげさんかわいい。-エルデン洞穴1(ノーマル)プレイ日記part2-



前回の記事(エルデン洞穴1プレイ日記)の続きとなります。

クエスト受注して準備完了したところで、いよいよグループでの攻略スタートです。

 

Elden Hollow 1

ダンジョンへの移動完了直後に、1人の方が少し待ってほしいということだったため、

楽器を演奏したり、ケーキを食べたりと、思い思いのことをしながら待機。

待つ時間も楽しいのがESOです。

 

Elden Hollow 1

ほどなくして全員準備OKとなり、特に問題も起きず無事ダンジョン攻略が完了しました。

(今回の日記短すぎですね、すいません^^;)

 

Speaks-With-Lights

そして攻略最後まで気づきませんでしたが、

最初に待ってほしいと言っていたとかげプレイヤーさん(上の画像で一番左の方)、めっちゃおしゃれ!

今までESOのかわいいキャラというと猫さん一択だと思っていましたが、

実はトカゲさんもかなりいい感じです。

 

そして、グループでDKヒーラーとして遊ぶのにも少し慣れてきたものの、

使用可能なスキルラインにて即時に大量のHPを回復できるアビリティが不足しており、

なかなかに難易度の高い遊び方を選択してしまったものだなと痛感しています^^;

なんというか、回復杖のスキルラインって、

だいたい徐々に少しずつHPを回復していくような感じなんですよね。

そうした事情から、味方のHPが削られてからだと回復が間に合わないですので、

HPが減らないうちからヒールを心がけたり、

Obsidian Shield(黒曜石の盾)などで防御を固めてそもそもHPが減る量を減らそうなど

色々試みているんですが、それでもやっぱり突然HPが大量に削られるということは起こってしまうので。。

 

Elden Hollow 1

そのため、今みたいに簡単なノーマルダンジョンで遊ぶには、DKヒーラーでも大きな問題は無いと思いますが、

今後はもっと難しいグループダンジョンにも挑戦してみたいと考えていて、

そうなってくると、今のやり方のままDKヒーラーでそういうダンジョンに挑戦しても、

少なくても野良グループでは上手くいかない可能性が高そうというのが正直な感想です^^;

自分がもっとESO上級者みたいな感じであれば色々対処法が思いつくのかもしれませんが、

そこまでESOに詳しいわけでも無いので。。

 

そんな感じで、実は今、裏でこっそり「とかげテンプラー」のキャラを作成し、少しずつレベリングしています。

正直もともとテンプラーという職業にはあまり関心が無かったものの、

始めてみると意外と楽しく遊べているのです!

このまま楽しく続けられそうであれば、DKヒーラーについては自分がもっとESO上級者になるまで封印して、

メインキャラはとりあえず攻撃系のファイヤーメイジに戻し、

ヒーラーで遊ぶ際にはとかげテンプラー出動になるかもしれません。