ESOプラス初加入!ウェディングスーツを購入&染色。



英語版公式ツイッターにて、Wedding Suit(ウェディングスーツ)が

クラウンストアで期間限定半額セール中との情報を確認。

 

WEDDING SUIT

ウェディングスーツは前から欲しいと思っていたコスチュームなので、この機会にぜひゲットしたいところ。

しかし、もともとアカウントにあった500クラウンは、以前スターターパックをセールで買った際に

480クラウン使ってしまったので、手持ちのクラウンは20クラウンしかありません。

 

1月間@月あたり¥1,680

そんなわけで、この機会に1か月限定でESOプラスに加入して、1,500クラウンゲットしちゃうことにしました。

クラウン単体で買うこともできるんですが、

ESOプラスの方が同じ値段でも色々特典がついてきてお得だと思ったので、今回はESOプラスの方を選択。

ゲーム本体もSteamで買っていたため、その流れでESOプラスもSteamで購入です。

 

サブスクリプションをキャンセルする

そして、初期設定だと自動更新がONになっていたので、Steamの管理画面で自動更新をOFFにしておきました。

これで、1か月後には勝手に有効期限切れになると思われます。たぶん。

 

自分はESOはかなり楽しんでいて、十分なプレイ時間がとれるのであれば、

毎回自動更新でESO Plusに加入していてもよいと思っています。

ただ、現状だとあまりプレイ時間がたくさんとれておらず、

以前の記事にもちょっと書きましたが、海外のゲームで時差があるから

日本時間の夜にメンテ中なこともあったりなので、

今後もクラウンが欲しい時などにピンポイントで加入する感じを検討中。

 

ちなみに自分はESOを去年の8月からプレイしはじめて、現在のキャラクターレベルがまだ「38」です。

キャラクターは1人しか育てていません。

 

ウェディングスーツを着たダークエルフ

メンバーシップが有効になると無事1,500クラウンがアカウントにチャージされたので、

さっそくWedding Suit(ウェディングスーツ)を購入。なかなかいい感じです。

 

尚、自分はSteamのアカウントとESOのIDの連携がもともと終わっていなかったようで、

しばらくどうやってSteamで買ったESOプラスをゲームに紐づけできるのかがよくわかりませんでした。

そこで、適当にSteamの画面からESOを起動してみたら、「リンクしますか?」みたいなことを聞いてきてくれて、

ESOのIDとかを入力したら、無事ESOプラスが有効に。クラウンも即入手完了!

 

ウェディングスーツを染色

ESO Plusの特典の一つとして、コスチュームを染色できるというものがあるとのこと。

さっそく買ったばかりのウェディングスーツをエボンハートの染色台で染色してきました。

メインカラーはFighters Guild Redで、サブカラーがSoul Shriven Grayです。

 

ウェディングスーツの後姿

後ろから見ると、こんな感じ。

尚、ESO Plusの有効期限が切れた場合でも、今回染色した色はそのまま残るということです。

 

スケルトンは染色できず

残念ながら、骸骨コスチュームでは染色が可能といったような項目が出現しませんでした。

これはスケルトンアバターのカテゴリーが“Costumes”ではなく“Polymorphs”に属していることと

関係しているのかもしれません。ポップな色のスケルトンが見たかったですね。

 

ESOの夜景を眺めるダークエルフ

こんな感じで、ESOプラスに加入すると今まで出来なかったことが色々できたりで、かなり満足しています。

これから1か月間はちょっと多めにINして、ESO Plusライフを満喫していきたいです。

 

<後日追記>

2018年2月のゲームアップデートに伴い、染色台(Dye Stations)は

服飾台(Outfit Stations)に名称変更され、「リスタイル」の新機能を使用できるようになりました。