DLC闇の一党を体験



オルシニウムインペリアルシティ盗賊ギルドに続いて、DLCお試しプレイシリーズ第4弾です。

今回はDark Brotherhood(闇の一党)を体験してきました。

 

闇の一党は怖そうなので、もともとはスルーしようかと思っていたのですが。。

盗賊ギルドのクエスト中に、意図せずして暗殺者デビューするという事故が発生。

それならもういっそ暗殺者ギルドに入ってやろうと、半分ヤケになっての参加です。

 

Gold CoastのAnvil

ゴールドコーストのアンヴィルに到着。

 

Amelie Crowe

そして、なんかいきなり、既にDark Brotherhoodのメンバーであると勘違いされました。

 

盗賊ギルドのコスチューム

まあそりゃあ、こんな格好してれば、そうなりますよね。。

 

Speaker Terenus

そして、怪しい人に「殺し屋の目をしてる」とか言われ、Blade of Woeというスキルをもらいました。

 

Blade of Woe(悲痛の短剣)

白ネームNPCの後ろからスニークして近づくと、スリの選択肢以外に

Blade of Woeを使用するというのが表示されるので、

そこでUse Synergyに割り当てているキーを押すと、一撃必殺!

まさに暗殺者による暗殺者のためのスキルです。

取得経験値はかなり減りますが、暗殺者にとってはそのデメリットをはるかに上回る

メリットがあることは明らかでしょう。

 

The Withered Rose

暗殺者御用達スキルも入手したところで、暗殺ミッションに出発!

このかわいらしいお家から、なんと目的地まで秘密のトンネルが通じているというのです。

 

First Cut

そして、秘密のトンネル内で、はじめてのBlade of Woe。

シーンが映画みたいにクローズアップされて、かなり怖いです。

 

尚、盗賊ギルドクエストで起きた事故の際と同様、

今回もターゲットNPCの持っていたアイテムを拾うことができました。

 

Jarol Estate

目的地のお屋敷に到着。普通にお散歩したらかなりのんびりできそうですが。。

まったくそんな状況ではありません。

 

次回の記事に続きます。




<関連記事>