オーリドンの光と闇


猫さんウォーデンを作る前からオーリドンは大好きで、よくお散歩などをしていたのですが、

当時は「きれいな景色だな~」などと、表面上の美しさしか目に入っていなかったかもしれません。

 

最近猫さんウォーデンでオーリドンのクエストを色々やるようになって、

だんだんとオーリドンの「闇の部分」のようなものが見えてくるようになりました。

 

実はオーリドンでは、一部のハイエルフNPCの間に種族差別主義が横行していたのです!

猫さんウォーデンもたまに「肉」とか「獣」呼ばわりでいじめられて、ちょっと悲しい。。

 

とあるクエストでは、カジートNPCが「カジートであるという理由だけで殺されそうになった。

カジート以外の存在になる事なんてできないのに。」みたいな話をしていて、

なんとも言えない気分になりました。

 

でもESOのすごいところは、クエストをこなしていくことによって、

その後の世界の様子がどんどん変わっていくところです。

例えば、悲惨な種族差別主義が横行していた大学では、とあるクエストをこなすことによって、

あっという間にみんな平等の平和な雰囲気に大変身!

 

他のクエストでも、いたるところにウロウロしていた凶暴な敵集団が

クエスト完了後は皆おとなしくなって、とってもお散歩しやすい地域に生れ変わったりなど。

やりがいがありますね。(まあ、ネガティブな結末になるクエストも結構ありますけど^^;)

 

これからも、より平和にお散歩しやすい世界の実現を目指して、

日々コツコツとクエストをこなしていきたいと思います。



<関連記事>